研究集会 CoMFoS05

研究集会「破壊の理論研究と数値解析」
日時:1999年11月14日(日)から16日(火)
場所:湘南国際村協会 神奈川県三浦郡葉山町

11月14日(日)

懇親会 19:00〜

11月15日(月)

  1. 長谷部宣男 (名古屋工業大学工学部) 9:00〜9:30
    硬質岩盤の応力変位挙動の破壊力学的考察
  2. 西岡俊久 (神戸商船大学) 9:30〜10:00
    動的破壊現象の理論的研究と数値シミュレーション
  3. 若野 功 (京都大学理学研究科) 10:00〜10:30
    題未定
  4. Vladimir Migdalski(京都大学理学研究科) 10:50〜11:20
    Problems of Cracks near the edge of a box shell
  5. 角 洋一(横浜国立大学工学研究科) 11:20〜11:50
    冷却熱応力によるぜい性き裂の蛇行とその伝播形態について
  6. Alexander Khludnev (Lavrentyev Institute of Hydrodynamics) 11:50〜12:20
    Cracks in solids with nonlinear conditions at the boundary
  7. 矢富盟祥 (金沢大学工学部) 13:20〜13:50
    題未定
  8. 橋本 堅一 (徳山工業高専土木建築工学科) 13:50〜14:20
    鉄筋コンクリート部材内のき裂の進展挙動について
  9. 堀 宗朗 (東京大学地震研究所) 14:30〜15:00
    ばらつきをもつ連続体に対するバウンディングメディア解析について
  10. 久保 司郎・井岡 誠司 (大阪大学工学研究科) 15:00〜15:30
    異種接合材の接合界面端近傍に存在する微小き裂に対する自由縁応力特異場の影響
  11. 川村恭己 (横浜国立大学工学研究科) 15:20〜16:50
    領域合成法の2次元弾性問題への適用
  12. Shen Shengping ・ Toshihisa Nishioka (神戸商船大学) 16:50〜17:20
    Theoretical Studies on Fracture Mechanics for Piezoelectric Materials (圧電材料破壊力学の理論的研究)
  13. 三好哲彦 (山口大学理学部) 17:30〜18:00
    2次元亀裂の向きと曲率
  14. 上西 研 (山口大学工学部) 18:00〜18:30
    任意曲線法による弾塑性特異応力場の高精度解析

11月16日(火)

  1. 西村直志 (京都大学工学研究科) 9:00〜9:30
    多重極法によるクラック群の解析
  2. 青木 繁 (東京工業大学情報理工学研究科) 9:30〜10:00
    逆解析における測定条件の最適化
  3. 大塚 厚二 (広島国際学院大学) 10:10〜10:40
    動的荷重下での破壊現象に対する数理的考察
  4. 伊東 裕也 (電気通信大学 情報通信工学科) 10:40〜11:10
    Barnett-Lotheテンソルの新しい導出法

まとめ

講演数 18件
角先生が「いい場所があるよと」言われ,湘南国際村協会で開催しました。少し,値段が高いのが。